WISE:Work-style Information by Student's Eye

新プロジェクト「WISE」始動!
学生による学生のための
地域企業情報誌&WEBサイトを作ろう!

ワッティー 株式会社
製造業〔仙台市宮城野区〕

お客様との「縁」を大事に業界一のヒーターメーカーへ

ワッティー 株式会社 ワッティー 株式会社
所在地
〒983‐0035 仙台市宮城野区日の出町3‐7‐63
Tel. 022-788-3501 Fax. 022-788-3502
https://watty.co.jp/
代表者
代表取締役社長 菅波 希衣子
資本金
9,500万円
創業設立年
1967年
受賞歴等
2003年 ISO 9001
2008年 KES STEP2

(2019年9月取材)

五十嵐 康裕

仙台事業所 所長
五十嵐 康裕

全ての工程を大切にする製造業

2007年より名称が「ワッティー株式会社」に変更になり、仙台事業所は2018年に竣工された新しい事業所です。半導体製造装置向けクリーンガス配管やヒーターユニットといった製品の開発や製造を中心に行っていることが特徴として挙げられます。もちろん製造面のみならず、お客様一人ひとりと築く「縁」を大切にするコミュニケーション、万が一製品に不具合が生じた場合の迅速な対応など、あらゆる面でのサポートを重要視し、大切にされているそうです。またゆくゆくは業界一の製造メーカーになることが夢です、と五十嵐所長は熱く語ってくださいました。

採用情報
※ 直近の採用人数
2017年 2名
2018年 7名
2019年 5名

事業内容 部品製造を中心にした効率いい事業

ワッティーの事業部は、センサ事業部、熱システム事業部、そして特機事業部の3つに分かれますが、その中でも仙台事業所は熱システム事業部に属しており、半導体製造装置の部品製造を主に行っています。仙台事業所が設立した背景には取引先のより近隣で、との目的があるそうで、事実、製造の効率化にも繋がっているそうです。仙台事業所のクリーンルームで溶接、洗浄などの工程を経て製造されたクリーンガス配管は、取引先に納入され、半導体製造装置として組み立てられています。ちなみに1967年の創業時は今のような製造業ではなく一商社でしたので、今のようなものづくり中心の事業形態に変化したのは22年前とのことになるそうです。

将来のビジョン お客様の立場に立った事業展開を

ホームページにも記載されている通り、「多様化するニーズと期待に如何に応えるか」というのは重要な問題だと考えています。ワッティーは元々製造業ではなく商社だった為に、どうしても他企業と比較して後進的な立ち位置になってしまうことが否めません。そこでまず重要だと考えている要素の一つに「あいさつ」が挙げられます。お客様との関係を構築するうえでコミュニケーションというのはとても大事ですし、その中であいさつというのは、私たちの印象をほぼ決定するようなものでしょう。そういったことを加味しても、今後はお客様との関係を大事にしていきながら、業界一のヒーターメーカーとして展示会や売り込みを積極的に続けていきたいです。

求める人材像 まずは自分を大事に

お客様との関係を構築し「縁」を大事にしていくことが重要だと考えています。その上でやはりあいさつをきちんと出来る人間であって欲しいなと思いますね。次は自身の健康管理です。仕事によっては体力を使うので、自分の体調を日頃から確認しておくことも大事だと思います。最後は学ぶ姿勢です。仙台事業所では溶接や設計といった特殊な仕事でない限りこれといった特別な資格は必要としていません。勿論必ずしも工業系の学校を出ていることが条件といったこともありません。しかしだからといって勉強が必要でない訳ではありません。慣れていくにつれ責任感・やりがいを持つような仕事になっていきますので、そうした上で新しいことをどんどん吸収していくための「学ぶ姿勢」というのは重要だと考えています。

求める人材像

「学ぶ姿勢」は大事だと語る五十嵐所長

ポイント
  • あいさつ
  • 自身の健康管理
  • 積極的に学ぶ姿勢
ここが知りたい

ワッティー株式会社の魅力

東京に本社がある企業という事で、基本給(みなし残業代込み)は一般的他企業よりは高めに設定されているそうです。また実力主義の側面が強く、たとえ20代半ばのような若い世代でもリーダーについている役職の方もいらっしゃいます。その為積極的に挑戦することが好きな人にとってのメリットが大きいようです。

ここが知りたい1

オフィスの風景

先輩の声

入社後は自ら学ぶ姿勢が大事です

入社したきっかけはワッティーで前社での経験(クリーンルーム内作業に従事していました)を生かせると感じたからです。実際に現在の仕事に従事していてもその通りだと感じますね。仕事においては特に前もって資格などを取得している必要はありませんが、入社後に実用的な技術を要するために勉強が始まります。設計や組み立てなどを行っていますので、入社前にあらかじめ図面について勉強し見方を理解しておくと入社してからがスムーズになるかもしれません。最後になりますが、今後入社したいと考えている皆さんには入社の際教育を受けた場合はルールを徹底すること、また品質劣化に繋がるため作業を自己流を進めてはならないことの2点を留意しておいて頂ければと思います。

仕事柄ついついやってしまうこと

業務上での「ついつい」は特にありません。むしろその油断が事故や怪我に繋がってしまうため、あったら困ります。その他で強いて挙げるとするならば、社員のほとんどが関東出身のため、おいしいお店の情報交換を行っている様子がしばしば見受けられます。

先輩の1日

7:30~8:00出社(メールチェックや段取り、清掃)
8:30始業
~17:30定時
 平均20:00~21:00退社 (派遣さんやパートさんは定時で帰宅)

取材の感想

小野 夏実 小野 夏実 東北学院大学 2年
ワッティー株式会社さんのお話をたくさん聞かせて頂いた中で、総じて仕事の基本の事柄をとても大事にされているということが伝わってきました。ワッティーさんは設立当初は商社だったからこそ仕事上では顧客との「信頼関係」を重視していらっしゃること、従業員の皆さんには健康管理を心がけさせると共に仕事に対するやる気、やりがいを重要視できる環境づくりを大事にするために挨拶などを徹底されているというお話が特に印象的でした。素晴らしいお話をたくさん聞かせて頂きありがとうございました。

  • 小野 夏実 東北学院大学 2年 小野 夏実 ワッティー株式会社さんのお話をたくさん聞かせて頂いた中で、総じて仕事の基本の事柄をとても大事にされているということが伝わってきました。ワッティーさんは設立当初は商社だったからこそ仕事上では顧客との「信頼関係」を重視していらっしゃること、従業員の皆さんには健康管理を心がけさせると共に仕事に対するやる気、やりがいを重要視できる環境づくりを大事にするために挨拶などを徹底されているというお話が特に印象的でした。素晴らしいお話をたくさん聞かせて頂きありがとうございました。