WISE:Work-style Information by Student's Eye

新プロジェクト「WISE」始動!
学生による学生のための
地域企業情報誌&WEBサイトを作ろう!

株式会社 スマートメディア
情報通信業〔仙台市若林区〕

インターネットを通して人の思いを繋ぐ架け橋になる

株式会社 スマートメディア 株式会社 スマートメディア
所在地
〒984-0031 仙台市若林区六丁目南97-3 東インター斎喜ビル別館1階
Tel. 022-393-7938 Fax. 022-393-7940
http://www.smart-media.co.jp
代表者
代表取締役 板橋 知春
資本金
1,600万円
創業設立年
2007年

(2016年10月取材)

板橋 知春

代表取締役
板橋 知春

業務内容 サイトをより良くするためのひと工夫に力を込めて

新規ホームページ制作や、それをマーケティングやプロモーションのツールとして運営していくためのサポートに力を入れています。お客様が望む目的を達成するため、HPを基軸としてSNSや動画など、あらゆるwebコンテンツを相互的・補完的に活用したwebプロモーションを行います。また最適なプロモーションを提案するために、お客様一人ひとりとのコミュニケーションをとても大切にしています。
近年はスマートフォンの普及により、人々がネットに触れる時間が増加し、そこで情報を得ること、また個人が情報を発信することが当たり前となりました。ネット上に溢れる情報の中から選ばれるためには、見る側にとって価値や意味があることが必要です。
株式会社スマートメディアは、人々に意味のある情報を届け、伝え、人々が行動したくなるwebコンテンツを、お客様と一緒に作っています。

将来のビジョン 東北の魅力を発信していきます

近年ITや情報発信という言葉をよく耳にしますが、日本全体から見ても東北地方は情報発信力が弱いと言われています。東北には多くの魅力的な企業があるにもかかわらず、あまり目立っていないのが現状です。スマートメディアでは、それらの企業の情報発信力を、ウェブ制作を通して強化し、企業の売上や利益を向上させるというミッションを掲げています。人々がインターネット上で検索をかけてヒットした、企業の情報が十分か、問題解決のコンテンツを持っているかどうかは重要です。まだまだこうしたノウハウを持っている企業は多くないので、スマートメディアがホームページ作りなどに取り組むことで、ミッションの達成を目指しているそうです。一方で、お客様のニーズに応えることはもちろん、会社で働く社員が満足できるような環境づくりにも努力しているそうです。

こんな人材を求めています きちんとした礼儀を身に付けた人を求めます

「人も好かれ、我も好かれ」という言葉があるように、会社で働く人の満足度が高いほど、お客様の高い満足度に繋がります。明るく前向きであり、目の前の問題、つまり会社としての問題から逃げない人を求めています。仕事とは問題解決であり、お客様が何を求めているのか、対話を通して明確に知る必要があるのです。世の中にはさまざまな仕事がありますが、選んだ会社やそこでの仕事が向いているのかどうかは、自分で判断することです。なあなあで選んでしまうと続かなくなり、辞めるかどうかの選択肢しか残らなくなってしまいますよね。嫌々やるなら、やらない方がましです。そうならないためにも、自分にとっての志は早い段階で明確にするべきです。私は、仕事=「志事」だと考えています。つまり、仕事とは自分が志すことを成し遂げるための手段であるということです。仕事を通して一生涯の仲間ができることも含め、物事を円滑に進めるためには、まず社会人として基本となる礼儀・作法をしっかり身につけてください。私は野球の強豪校出身ということもあり、兼ねてから礼儀・作法には定評がありました。その経験を踏まえたうえでも、まずは大きな声で挨拶ができる素直な人になってください。

先輩の声

雰囲気も良く、自分の得意分野を生かせる場所

鈴木 郁佳(秋田公立美術工芸短期大学(現:秋田公立美術大学) 卒) WEBデザイナー

仕事の内容としては、ご依頼いただいたお客様のサイトをどのように作成するか決まった段階で、その戦略をデザイン化し、サイトに落とし込んだり、その後のサイト更新を代行で行ったりしています。私がこの仕事に就いたのは、もともと絵を描いたり制作することが好きで、仕事として生かしたいと思っていたからです。しかしそれは紙媒体の話で、ウェブに関してあまり得意ではなかったのですが、社長と面談した際、社長の人柄と「人の役に立つ事をしたい」という考え方に共感し、この会社で働こうと思いました。私が就職活動を終えた時期は比較的遅かったのですが、自分の軸としていた考え方があり、そこに合う企業をじっくり考えた上で就職できたので、納得の行く選択ができたのではないかと思っています。

先輩の声

鈴木 郁佳

社員による社長紹介

チームとしての誇りを大切に

千葉 崇行 経営企画室

社長と社員の距離が近く、会議の際も忌憚なく意見を言うことができる会社です。報告はもちろん相談も気軽にできるので、会社としての意思決定も早いと思います。ウェブ業界は日進月歩で進んでおり、昨日まで当たり前だった事が、ある日仕様が変わって通用しなくなる事が多々あります。そのような事に対応していくためにも日々勉強しなければなりません。社長はすべての業務にまんべんなくかかわっており、さまざまな事に目を配っています。社長自身、社員の鑑として日々勉強している姿を見せてくれているのだと思います。初めてお会いしたのは入社する5年前ですが、活動的でまさにIT企業の社長だという印象でした。野球の強豪校出身ということもあり、チームで目標達成する事を何よりも大切にしています。

社員による社長紹介

千葉 崇行

ランチ

仕事とのメリハリをつけた時間を過ごしています

鈴木 郁佳 WEBデザイナー

ランチの時間では、きちんと仕事と休憩との区切りをつけてご飯を食べたり自分の好きなことをして過ごしています。他の社員も各々好きなことをして過ごしています。普段は自分でお弁当を作ったり、近くのお店で買ったりしていますが、時々他の社員と一緒にランチをとることもあります。その時は仕事以外の話もしながら積極的にコミュニケーションを取っています。

ランチ

鈴木さんのランチ

この記事を書いた学生記者

これまでIT企業について詳しく知る機会がありませんでしたが、変化が激しく日々対応していかなければならないため、勉強が大変な業界だという印象を受けました。しかしそれをチーム一丸となって乗り越えることで、大きな達成感を得ることができるのだろうと思いました。今回の取材を通して印象に残っていることは、挨拶は社会人として当たり前のマナーであるということです。私自身、日々の生活で気持ちのいい挨拶ができる人は、周りの方といい人間関係が築けていて、仕事もできると感じています。仕事をしていく上で大切なのは人と人との繋がりで、その繋がりは挨拶から始まるので、社会人になる前にきちんと礼儀を身に付けようと思いました。また、同じテーブルを囲ってお仕事する姿や仲のいい雰囲気を拝見して楽しそうな会社だなと思いました。(中山 結衣)