WISE:Work-style Information by Student's Eye

新プロジェクト「WISE」始動!
学生による学生のための
地域企業情報誌&WEBサイトを作ろう!

株式会社 早坂サイクル商会
卸売業、小売業〔仙台市青葉区〕

地域に愛される販売店へ。二輪の魅力伝える

株式会社 早坂サイクル商会 株式会社 早坂サイクル商会
所在地
〒980-0011 仙台市青葉区上杉4-4-1
Tel. 022-222-8969 Fax. 022-222-8967
http://www.hayasaka.co.jp
代表者
代表取締役 早坂 武
資本金
2,000万円
創業設立年
1942年
受賞歴
ブリヂストンサイクル ダイヤモンド賞受賞
ホンダモーターサイクルジャパン 全国二輪販売店 優秀賞
スズキ二輪 二輪車部門 全国最優秀賞
ハーレーダビッドソンモーターカンパニー ディーラーアワード受賞
二輪車安全二輪普及協会 全国グッドライダー推進キャンペーン 優良表彰
仙台市職場体験活動表彰 功労者表彰

(2016年10月取材)

早坂 武

代表取締役
早坂 武

業務内容 一人ひとりのお客様に寄り添ったサービスの提供

自転車、バイクといった二輪車の販売を行っています。「商品はお客様に販売して終わりではない」と話す早坂社長。「安全、安心、信頼」を理念に掲げ、修理や保険などのアフターサービスにも力を入れています。
宮城と山形に「ハヤサカサイクル」の店名で12店舗を展開し、国内と海外の幅広いメーカーを取り扱っています。早坂社長は「欲しいものを選ぶ楽しみを味わえる。これはメーカー専売店にはないうちの強みだ」と語ります。今や自転車やバイクはどこでも買える時代です。しかし、一人ひとりの用途は多岐にわたります。お客様と丁寧に対話を重ね、要望にぴったりあった商品を提案することを心掛けています。
また、試乗会や展示会の開催も業務の一環です。時にはツーリングやバーベキューなどの行事も行うなど、お客様とのつながりを大切にし、愛される販売店を目指しています。

将来のビジョン 業界の再編に合わせた新店舗のオープン

現在の12店舗に加え、2020年までに二つの大型店舗を出店する予定です。新店舗はメーカーの専売拠点となります。背景にあるのはオートバイメーカーの業界再編。これまで多数のメーカー品を取り揃え店舗展開を行ってきた同社にとっては、新たな取り組みで、店舗もこれまでと違い「バイクを見に、ふらっと立ち寄れる場所。お茶やコーヒーを飲みながら、お客様同士が会話する場所。そんなリラックスできる店舗を作りたい」と話す早坂社長。店舗そのものがお客様の生活の一部となり、人の交流を促すきっかけとなるような構想を練っています。
100年企業を目標に掲げ、常に将来を見据える株式会社 早坂サイクル商会。地域の人々に二輪の魅力を伝えるため、今後も新しい事業に次々と着手していくそうです。

こんな人材を求めています 二輪への熱い情熱を持っている方

私たちが求めるのは、とにかく自転車やオートバイが好きなことですね。そして、お客様に二輪の楽しさを伝えたいという気持ちです。私自身面接に立ち会うのですが、その際に言葉の巧みさは気にしていません。言葉は拙くても、一生懸命に話してくれれば、二輪への熱い思いは伝わります。入社するにあたり「専門的な知識がいるのではないか」と、不安に思うかもしれませんが心配いりません。実際、入社時点では未経験の人がほとんどです。機器の細かい知識は実務を見て学ぶことで、後から身に付くものです。むしろ、日々の生活で養った知識をどう生かすかが大切です。仕事に関係ないように思えても、お客様と接する際に会話の引き出しになることがたくさんあります。ですから、世間話や日常会話がきちんとできることも必要です。
最後に、学生の皆さんには夢や希望をたくさん持ってほしいですね。私は以前、先生になりたかった時期がありました。しかし、今は社員に分かりやすい指導を心掛け、人材育成に取り組むことで先生のような仕事ができています。形は変わるかもしれませんが、夢はいずれ実現するのだと思います。今は、自分の可能性を狭めずに、興味のあることにたくさんチャレンジしてください。

先輩の声

好きなことを仕事に

菅野 健司(東北工業大学 工学部 卒) 泉バイパス店 店長

私は店舗の商品管理やイベント企画などの業務を行っています。以前は建築関連の仕事をしていましたが、趣味だったバイクに携わる仕事がしたいという思いで入社を決めました。やはり自分の好きなことであれば仕事の吸収は早いですね。一生懸命仕事を覚える気持ちさえあれば、最初は資格を持っていなくてもよいと思います。
学生の皆さんにお伝えしたいのは「やる気、情熱があれば不可能はない」ということです。私はバイクへの情熱はあるのですが、昔は話すのがとても苦手でした。しかし、何度も商談を繰りかえすうちに、お客様に合わせた応対ができるようになりました。自分の限界を決めないことが大事だと思います。好きなことに対しては高い目標を持ってください。努力して目標をクリアしていくと「以前と比べて成長したぞ」と、確実に自分に自信がついていきます。常に向上心を持って上を目指す気持ちを忘れずにいてください。

先輩の声

菅野 健司さん 泉バイパス店 店長

社員による社長紹介

優しさと厳しさを持ち合わせた社長

中里 圭佑 泉バイパスANNEX 店長

店長として店舗管理の他に、従業員管理の仕事を担当しています。社長は社員思いで、大変優しい人物です。社員がミスをしたときは、自分が休みの日であったとしても連絡をいれます。常に部下への気遣いを忘れません。また、親しみやすい人柄のため、何か困ったことがあったときに気軽に相談したり、意見を述べたりできます。社長の性格が、会社の働きやすい雰囲気に繋がっているのだと思います。
一方で自分の意志を貫き通す強さも持ち合わせています。常に会社をいい方向に導こうと考え、決めたビジョンは部下に分かりやすく説明して納得させています。社長は人柄ももちろんですが、経営者としても大変優れた人物だと思いますね。

社員による社長紹介

中里 圭佑さん 泉バイパスANNEX 店長

ランチ

想いの詰まったお弁当

中里 圭佑 泉バイパスANNEX 店長

昼食は、各自が持参したものを社内でとることが多いです。私の昼食は妻が作るお弁当です。メニューは毎日変わり、ときには妻が趣味で作るパンが入っていることもあります。昔に比べると、最近はそれほど食事の量は多くなくなってきた私のことを気遣い、適した量を計算してお弁当に入れてくれます。やはり愛妻弁当はいいものですね。妻が作った料理を食べて、午後からの仕事にエネルギーを蓄えます。

ランチ

奥さんの愛妻弁当

この記事を書いた学生記者

私は自転車の修理でハヤサカサイクルにお世話になったことがあります。その際、印象に残ったのは店員の方の分かりやすい説明、丁寧な対応。今回の取材を通して「二輪への熱い情熱」が、仕事の姿勢に表れているのだと感じました。好きなことを仕事にしているからこそ、皆さんはとてもいきいきと働いており、職場には活気が溢れていました。
私は現在3年生。今後、就職活動を控えています。職業選択の際には多くの考慮すべき点がありますが、今回の取材を通して、自分が興味のあることを大事にすべきだと改めて感じました。就職活動までのわずかな時間、深く自分と向き合って将来を考えたいと思います。
今回は私が担当した初めての取材でした。至らない点が多くあったと思いますが、快く取材を受けていただき感謝いたします。ありがとうございました。(堀井 良樹)